スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金比

皆様、こんにちは!

郡山事務所の橋本です。

先日、友人に誘われて能登の塗師(読み方「ぬし」だそうです!)の方のお話を聞きに行ってきました^^

漆器についてのお話でしたので、もちろん福島県の会津若松から会津漆器の作家さんも参加。
一緒に産地の話や漆器の話をしてくださいました^^

そして、能登と会津のコラボ作品も。
輪島の器に会津の「朱磨き」と言う技法で絵付けをした作品です。
marie.jpg

塗師さんのお話でとっても印象的だったのが「器の黄金比」

器の黄金比は、なんと縄文時代から変わっていないそうです。
高さや大きさは変われど、器として成り立つ「比率」は太古の昔からずっと一緒とのこと。

「建物の黄金比」はずっと昔から変わらないのかな~などと考えながら、美しい器を眺めていました。
器

最後は、美味しい秋の味覚で舌鼓!
使用したお重は、お話してくださった塗師さんの作品です。
さつまいも

お弁当







スポンサーサイト
郡山市T様邸 | Home | 矢吹町O様邸

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。