スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついつい撮ってしまうもの・・・。

皆様、おはようございます。

郡山事務所の橋本です。

「ついつい撮ってしまうもの」、皆様ありませんか?

私は、「建物」です(-∀-) どこへ行っても、あぁこれいいな~と、パシャリ!

こんな、アパート住みたい!とか。
アパート

森の中でのんびり過ごすのもいいな~とか。
DSCN0697.jpg

こんなドア作ってほしいな~。
ドア

目の前の小川で魚釣りしたいなか~とか。
古民家


いろんなところに立ち寄りながら、建物探訪もいいものです^^

明日は、グリーンライフで建築したお施主様のお宅を、皆様と一緒に「建物探訪」してきます!
1213体感ツアー

体感ツアーのお申し込みはこちらまで。
グリーンライフ 郡山事務所
TEL:024-925-6719

スポンサーサイト

黄金比

皆様、こんにちは!

郡山事務所の橋本です。

先日、友人に誘われて能登の塗師(読み方「ぬし」だそうです!)の方のお話を聞きに行ってきました^^

漆器についてのお話でしたので、もちろん福島県の会津若松から会津漆器の作家さんも参加。
一緒に産地の話や漆器の話をしてくださいました^^

そして、能登と会津のコラボ作品も。
輪島の器に会津の「朱磨き」と言う技法で絵付けをした作品です。
marie.jpg

塗師さんのお話でとっても印象的だったのが「器の黄金比」

器の黄金比は、なんと縄文時代から変わっていないそうです。
高さや大きさは変われど、器として成り立つ「比率」は太古の昔からずっと一緒とのこと。

「建物の黄金比」はずっと昔から変わらないのかな~などと考えながら、美しい器を眺めていました。
器

最後は、美味しい秋の味覚で舌鼓!
使用したお重は、お話してくださった塗師さんの作品です。
さつまいも

お弁当







子供の質問

皆様、こんばんは!

郡山事務所の橋本です。

先日の打ち合わせの際に、お客様の子供さんから、こんな質問が・・・。

『木の家はどうやってつくるの?』
『木の家だから土の中から生えてくるの?』

小さい子らしい、とっても素直な視点の質問に、『う~ん』。
なんて答えようと悩んでしまいました^^;

皆さんなら、どう答えますか?

帰りの車の中で、質問について考えてみましたが、
子供が分かるような答えが思い浮かばす・・・。

でも、その時に思ったのが、今の家作りは、加工された『木』がメインの家作りだな~、
建築資材も土に還るものはほとんどないな・・・。と。

100年前に作られていた家は、建築資材のほとんどが最終的には、『土』に還ります。
柱や梁は、腐食部分を取り除いて新しい部分を入れ替えることができる。
畳は、畑の肥やし
土壁は、練り直して再利用。

これこそ最強の『省エネ住宅』だと思いますが、法律はそうじゃないみたいですね^^
あの子が大きくなるまでに、日本の家作りはどうなるんだろう?と心配です。

ここ100年の時代の流れとともに、家が『建てる』→『買う』の価値観へ変わったのがよく分かる本です。

間取り百年―生活の知恵に学ぶ間取り百年―生活の知恵に学ぶ
(2004/01)
吉田 桂二

商品詳細を見る


最近はまってるもの^^

皆様、こんにちは。

郡山事務所の橋本です。

今日から、4月!
新しい年度の始まりますね^^

通勤途中に、真新しいスーツに身を包み大きなスーツケースを
持って歩いている人を見かけました。たぶん新入社員かな~
『がんばれ~!』とエールを送りたくなりますね^^

で、最近、はまっているものは、「手帳」です。

年度初めですので、4月始まりの手帳もたくさん出てますね。
仕事で使うなら、やっぱり「グレゴリオ暦」ですが、

ちょっと変わった手帳を使いたいという方にはこちらをお勧めします!
旧暦手帳
2015_kisaragi_2_big.jpg

月の満ち欠けとともに過ごしてきた日本人の季節感を感じることが出来る手帳です。
季節ごとに咲く花や旬の食べ物、季節の行事は、旧暦で暮らしてみると「あぁ合っているな~」と実感できます。

グレゴリオ暦が世界の標準ではありますが、四季折々を楽しめる日本にはやはり、
太陽の動きだけでなく、月の満ち欠けも大切なんだなと思いました^^


そして、もっと変わった手帳を使いたいと言う方にはこちらもお勧めです!
『13の月の暦』

マヤ暦をベースに作られた暦です。
グレゴリオ暦+体のリズムを表す暦+心のリズムを表す暦の3つの時間がベースになっています。

自然にも動きがあるように、人間の体と心もバイオリズムがあるということで、
3つの時間がベースになっています。

ご興味のある方はぜひどうぞ!
ちなみに、「13の月の暦」は、グレゴリオ暦の7月26日が新年です。




久しぶりに観て見ると・・・。

皆様、こんにちは!

郡山事務所の橋本です。

先日開催されました上映会には、福島県外からもご来場頂き、嬉しい限りです^^

皆様、ありがとうございました。
7.jpg

今回、「1/4の奇跡~本当ことだから~」は、久しぶりの上映。
以前観た時と少し印象が変わったなと思いました。

特にじーんと来たのが、盲目のアスリート稲葉さんのシーン。

前に観た映画をもう一度観てみるのもいいものだな~と思いました^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。